エコクール住宅の特徴その2-沖縄の木造住宅なら儀武組へ-

TOP > エコクール住宅の特徴 > エコクール住宅の特徴その2

エコクール住宅の特徴その2「マイナスイオンの家」

住む人が健康でいられる癒しの家

マイナスイオンイメージ

炭の持つマイナスイオン効果

最近注目されている「マイナスイオン」の効果。
人は常に呼吸を通してイオンを摂取しています。マイナスイオンを多く摂取することによって、人体の酸化物をアルカリ性に中和して細胞内に酸素と栄養素を吸収し、老廃物を排出しやすくして細胞を活性化します。つまり、マイナスイオンは人体の生理作用を快調にするとともに、人間が本来持っている自然治癒力を高める働きがあると言われているのです。

炭の写真

炭の持つマイナスイオン効果

マイナスイオンは滝の周辺や森林、公園の噴水などで多く測定されていますが、炭にも多くのマイナスイオンが含まれています。
マイナスイオン研究会(代表・東京大学医学部・工学博士山野井昇氏)では、「部屋の中に炭を置いたところマイナスイオンが明らかに増加した」という研究結果があります。

うち壁に塗られた液状炭の写真

マイナスイオンだけじゃない、炭の効果

炭は昔から吸湿や防腐、消臭効果に優れ、シックハウス症候群のもととなる有害物質を吸着して無害化し、防カビ・防ダニ、さらに電磁波遮断の作用もあると言われ、体にとっても自然素材として注目を集めています。
エコクール住宅は、床・壁・天井の下地材を液状触媒炭(塗る炭)で包み込むことで、住む人に癒しと活力を与えます。

お問合せフォームへ

儀武組ロゴ